読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺岡豊彦の話題まとめ

寺岡豊彦の話題まとめ

【JIMOS 寺岡豊彦 会長兼社長】20年に売上200億円目指しブランドを育成

化粧品通販のJIMOS(本社福岡県、寺岡豊彦会長兼社長)は13年7月に、水宅配などを手掛けるナックのグループ会社となった。化粧品ブランド「マキアレイベル」と「Coyori(こより)」をそれぞれ成長させて、20年3月期に売上高200億円を目指している。今年3月末日に田岡敬前社長が辞任し、ナックの会長でありJIMOSの会長も務めていた寺岡氏が会長兼社長に就任した。JIMOSの成長に親会社としてさらにバックアップしたいと意気込む。寺岡会長兼社長に、ナックグループに入ってからのJIMOSの動向と今後の目標について聞いた。



■グループシナジー見出す

ーーJIMOSの現況を聞きたい。

 「グループ入りして約3年経った。買収前は伸び悩んでいた売り上げが、販促費や広告宣伝費をかけることで予想通り右肩上がりに戻ってきた。16年3月期の売上高は100億円を超え、110億円が狙えるところまできている。この3年間はあらゆる事業に手を伸ばすのではなく、伸びる事業に集中するような戦略としている。化粧品ブランドの『マキアレイベル』と『Coyori』が成長段階になっている」

 

www.bci.co.jp